登録のための4つのポイント

さて、前回までは、事業において商標は力強い武器となること、そして地域の特産品やサービスを商標登録する「地域団体商標制度」というものがあるというお話をいたしました。

「地域団体商標制度」に登録されるためのポイントとして、次の4つがあげられます。

 

①地域に根ざした団体の出願であること

(例:農協、漁協、商工会、商工会議所、NPO法人、これらに相当する外国の法人)

 

②団体の構成員に使用させる商標であること

 

③地域名と商品(サービス)に関連性があること

 例えば、「地域名」が、商品の生産地である、など関連性が求められます。

 

④一定の地理的範囲である程度有名であること(特に重要)

 どの程度有名であるかを客観的事実(販売数量、新聞報道)によって証明できることが必要です。

では、地域団体商標制度に登録ができると、どんな効果があるのでしょうか?

次回につづきます!

Copyright © 大江山特許商標事務所 All Rights Reserved.